★コミックエッセイ図書館★

◎大好きなコミックエッセイを基本ポジティブにご紹介◎

もっと早く知りたかった!!『お店にファンをつくるウェブ発信の新ルール』(仲島ちひろ(箱庭))

『かんたんなのに、ほとんどの人がやっていない お店にファンをつくるウェブ発信の新ルール』を読んでみました。

実のところ、本屋さんでこの本に出会って、初めて"箱庭”さんの存在を知りました。

"箱庭"さんとは…

女性クリエイターがキュレーションという手法を使い、SNSを中心にアートやデザイン、雑貨などの情報を発信しているコミュニティ型メディアです。

表紙の帯に「いいね!」をいう文字を見つけたので、これはもしかするとFacebookページに関係があるのだろうなと思い、買ってみることにしました。

私は本を買うときに、あまり中を見ずに買います。そして本を読む時にも目次を見ずに読み始めます。だって読む進める楽しみを味わいたいので。

けれど、ここでは内容を加えて、ご紹介していきたいと思います。

『かんたんなのに、ほとんどの人がやっていない お店にファンをつくるウェブ発信の新ルール』

f:id:moko619:20140827203210j:plain

まず、もうこのタイトルで私はビビッと来ました。なぜかというと、私が現在管理人をしているFacebookページは 、いまいちパッとせず、丁度悩んでいた時だったからです。とてもタイミングの良い出会いとこの表紙のかわいさで、一気に読みほし、そして優しさのこもった説明に、"箱庭"さんのとりことなりました。もちろん"箱庭"さんのFacebookページにも即いいね!です。

haconiwa / 箱庭 | Facebook

 

"箱庭"さんと私は基本的にジャンルが違うのですが、とても役に立ちます。この先も事あるごとにこの本を開くことになるでしょう。

 

本のキーワードとしては"キュレーター""キュレーション"でしょうか。

はてなブログを始めてまもない私はこの言葉自体をついこの間知ったので、この本で基本の基本を知ることができました。

"キュレーション″とは

さまざまなおもしろい情報を収集して、自分の視点で編集し、発信していくこと。

あ~とても分かりやすい。この1文だけでも読んで良かった★

もちろんウェブ発信とはキュレーション記事だけではなく、オリジナル記事、撮影方法、新たな可能性まで、CHAPTER1~5までに全て分かりやすく解説されています。

 さわりを少し↓

  • まずはビジョンを確認しよう

   WHO 誰が

   WHAT 何を

   WHOM 誰のために

   WHEN いつ

   WHERE どこで

   WHY なぜ

   HOW どうやって

   HOW MUCH いくらで

どうです?このような分かりやすい言葉で始まるのです。この先を読んでみたくなりませんか?気軽な気持ちで読み始められるのに、内容がしっかりしています。そして参考にしたいポイントがきちんと組み込まれているんです。

どうしてこのような発想ができるのでしょう? それはやっぱりひとつひとつじっくり考えながら、信じる方法で実践しているからに他なりません。

特に感化されやすい私なのですが、もっとこの本を読み込んで、自分なりの方法を見つけてみようと思っています。 

 

 

 

ZUTTO 繝ュ繝輔ヨ繝阪ャ繝医せ繝医い・懊Ρ繝翫ラ繧・謇句クウ